空手選手として活躍している荒賀龍太郎選手。

空手男子組手75キロ超級で東京オリンピック2020の日本代表が内定しました。

荒賀龍太郎選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 荒賀龍太郎の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 荒賀龍太郎の流派は?
  • 荒賀龍太郎の出身高校や大学は?
  • 荒賀龍太郎の彼女や結婚は?
  • 荒賀龍太郎の姉は選手?

について調べていきたいと思います。

荒賀龍太郎の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:荒賀龍太郎
  • ツイッター:@ArgRyu
  • インスタ:araga1016
  • 誕生日:10月16日
  • 年齢:30
  • 出身:京都府亀岡市
  • 身長:184cm
  • 体重:82kg
  • 種目:男子組手75キロ超級
  • 所 属:荒賀道場

スピードドラゴンの異名を持つ荒賀龍太郎選手。

どのような経歴の持ち主なのか調べていきたいと思います。

実家が空手道場を経営しているので空手を始めたのが早く3歳のときに道場に入門。

小学校5年生では全日本少年少女空手道選手権で2連覇。

中学3年生では全国中学生空手道選手権大会で優勝。

2006~2008年の高校ではインターハイ、全国選抜、国体と優勝し8冠無敗となりました。

19歳のときには史上最年少で全日本選手権優勝。

2012,2014年の世界選手権では準優勝となりましたが、自分に何が足りないのか考えイメージが大切なことを学んだそうです。

世界チャンピオンになった姿を常にイメージするようになり2016年世界選手権では金メダルを獲得。

その後も「2017 WKF KARATE1 プレミアリーグ パリ大会」「2018 アジア競技大会」「2019 WKF KARATE1 プレミアリーグ 東京大会」と数々の大会で金メダルを獲得し2020年東京五輪の日本代表が確定しました。

荒賀龍太郎の流派は?

荒賀龍太郎選手は実家の道場である荒賀道場に所属していますが、流派は剛柔流(ごうじゅうりゅう)。

空手の四大流派(剛柔流、松濤館流、糸東流、和道流)の一つ。

円の動きで相手の動きを交わし短い直線的な動きで爆発的な力を出すのが特徴で映画『ベストキッド』のモチーフにもなりました。

荒賀龍太郎選手のトレーニングの仕方や組手のテクニックなど東京で行ったセミナーが学べる龍太郎伝というDVDも販売されています。

 

荒賀龍太郎の出身高校や大学は?

学歴

中学校:亀岡市立亀岡中学校
高校:京都外大西高
大学:京都産業大学

高校は京都外大西高。

空手部は雰囲気作り・生徒の自主性・礼節を大切にし2020年7月時点では退部者なしを継続している部活。全国大会の常連で指導者では特別コーチに荒賀龍太郎選手がなっています。

大学は津山捷泰師範が監督を務める京都産業大学に進学。

大学4年生では空手部の主将を務め練習メニューを荒賀選手が考えていたそうです。

主将になるまでは全国大会(団体)で準優勝でしたがその後大会で優勝と結果を残されています。

荒賀龍太郎の彼氏や結婚は?

荒賀龍太郎選手の彼女や結婚という情報はありませんでした。

ツイッターやインスタでは彼女らしき人は投稿されていないので公開はされていないようです。

インスタでは甥っ子を抱いている画像があり笑顔でとてもうれしそうだったので結婚をしたら公表はされるかもしれませんね。

SNSはやっているのでいずれ家族での旅行や楽しそうな画像もあるかもしれません。

荒賀龍太郎の姉は空手家?

姉の荒賀知子さんは53キロ級で2004年、2006年の世界空手道選手権を連覇した元世界女王。

その後現役を引退し華頂女子高等学校空手道部と全日本空手道連盟ナショナルチームのコーチをされています。

弟の荒賀慎太郎さんは京都産業大学在学中に全日本学生空手道選手権大会で優勝と空手一家の家族のようですね。

さいごに

今回は荒賀龍太郎選手についてご紹介させていただきました。

荒賀選手だけでなくお姉さんも数々の大会で優勝したりと家族が皆実力がある空手家でした。

オリンピックでもいいメダルを獲得するのが楽しみですね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。