サッカー選手として活躍している池田咲紀子選手。

オリンピックのメンバーに選出されなでしこジャパンではGWを務める事になりました。

東京オリンピック2020が開催されるなか相手を威圧するぐらいの力を発揮したいと語る池田咲紀子選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 池田咲紀子の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 池田咲紀子の出身高校や大学は?
  • 池田咲紀子の彼氏は?
  • 池田咲紀子の家族は選手?
  • 池田咲紀子は仕事をしている?
  • 池田咲紀子のピンク髪がかわいい?

について調べていきたいと思います。

池田咲紀子の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:池田咲紀子(いけださきこ)
  • 愛称:さっこ
  • ツイッター:@sakiko_1_ikeda
  • インスタ:sakiko_ikeda_21
  • 誕生日:9月8日
  • 年齢:29
  • 出身:埼玉県さいたま市
  • 身長:168cm
  • 体重:60kg
  • 趣味:youtube鑑賞(サッカー・料理・動物・お笑い・ゲーム・映画予告)
  • 所 属チーム:三菱重工浦和レッズレディース(旧:浦和レッズレディース)
  • ポジション:ゴールキーパー

泰然自若とGKらしい座右の銘を持ち日々成長しつづけいている池田咲紀子選手。

どのような経歴の持ち主なのか調べていきたいと思います。

浦和ラッキーズFCに所属し小学校2年生からサッカーを始めた池田選手。

今でこそGKとして活躍していますがGKは中2の夏頃に始め、なろうとしたきっかけは全国大会前にGKの先輩が怪我をしてしまい代理でやらされたことがきっかけだったそうです。

浦和レッズレディース下部組織に所属していましたが、

2007年では浦和レッズレディースへも所属し、なでしこリーグカップに出場。

2008年、2012年ではFIFA U-17女子ワールドカップ、FIFA U-20女子ワールドカップに出場。

2017年のアルガルヴェ・カップではGK平尾知佳選手が出場予定でしたが、体調不良のため日本女子代表として初出場。

その後も2018 AFC女子アジアカップ、2018年アジア競技大会、2019 FIFA女子ワールドカップ、EAFF E-1サッカー選手権2019と数々の大会に出場し2020年にはなでしこリーグベストイレブン賞を獲得されました。

2021年3月からは浦和レッズレディースから三菱重工浦和レッズレディースに名称が変更され活動を続けています。

池田咲紀子の出身高校や大学は?

学歴

小学校:さいたま市立中尾小学校
中学校:さいたま市立東浦和中学校
高校:埼玉県立伊那学園総合高等学校
大学:日本体育大学

小学校から高校まで埼玉の学校に通っていた池田選手。

2018年には浦和レッズの柏木陽介選手、武富孝介選手、荻原拓也選手とレッズレディースの池田咲紀子選手が小学校を訪問し児童と交流を深めるシーンも見られました。

大学は日本体育大学と多くの選手を輩出している有名な大学です。

池田咲紀子の彼氏は?

調べたところ2021年6月時点では結婚や彼氏がいるなどの噂になっているということはありませんでした。ファンからの「今までの彼氏はサッカー選手が多いですか?」という質問に対しては「今までの彼氏がそもそも多くないんですけど…。」と回答をしてくれました。

クリスマスでは周りがカップルだらけなのに1人でイヤホンをしながら歩く私。とさらに悲しいツイートも見られました。

池田咲紀子選手の好きなタイプは「優しく一途な人」顔も第一印象があるんで、少しは気にするかもしれないようですが性格面を重視しているようですね。

池田咲紀子の家族は選手?

池田選手の家族についてですがsnsでは特に本人もツイートされていませんでした。

兄や姉、弟や妹がいても何かの競技の選手ではないかもしれませんね。

池田咲紀子は仕事をしている?

9時から15時まで総務部で営業の人たちが乗った車の管理などをしている池田選手。

お昼はほとんど毎日自分で作った弁当を持っていくと家庭的な一面も。

仕事の後にサッカーの練習をするとハードな1日を送っていますが、サッカーが好きなことと本人が負けず嫌いな性格のため頑張っているとお話をされていました。

男性に比べて女性サッカー選手の年俸は低いのでアルバイトをしながら活動されている選手も多いようです。

池田咲紀子のピンク髪がかわいい?

2021年4月15日にはピンクの髪色に染めたことをツイート。

フィールドではピンク髪の姿がよく目立ちそうですね。

リプライからは似合っていますや、かっこいい、可愛いいと多くのコメントが寄せられピング髪のなでしこが人気になる日もあるかもしれません。

さいごに

今回は池田咲紀子選手についてご紹介させていただきました。

髪を染め心機一転しオリンピックではいい結果を見せてくれそうですね。見ている方も遠くからでもわかりやすくてありがたい。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。