クレー射撃選手として活躍している石原奈央子選手。

射撃女子クレー・スキートで東京オリンピック2020日本代表に内定しました。

石原奈央子選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 石原奈央子の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 石原奈央子の出身高校や大学は?
  • 石原奈央子の結婚は?
  • 石原奈央子の父親は選手?

について調べていきたいと思います。

石原奈央子の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:石原奈央子(いしはらなおこ)
  • 誕生日:10月22日
  • 年齢:47
  • 出身:東京都
  • 身長:158cm
  • 体重:66kg
  • 種目:射撃女子クレー・スキート
  • 所 属:古峯神社

古峯神社で神職を務めている「神職スナイパー」こと石原奈央子選手。

祖父と父親がクレー射撃の選手だったことが影響で22歳でクレー射撃を始めることに。

実家ではクレー射撃の練習場があり競技をやりやすい環境でもあったようです。

クレー射撃は20歳以上でないと始められないので遅い人も多いですが石原選手は32歳から本格的に競技を始め少し遅咲きのスタートでした。

2012年ではアジア大会6位となり2014年では仁川アジア大会の代表にもなりました。

そして2016年にはリオデジャネイロオリンピックへの出場。

リオデジャネイロオリンピックは残念ながら結果18位で予選敗退。

石原選手は当時41歳ですがクレー射撃は競技のできる年齢が幅広くその後も競技の活動を続けることに。2019年のアジア選手権では日本人トップの16位となり東京オリンピックの出場が決まりました。

諦めずにやり続けるメンタルと今までの経験があるので東京オリンピックではいい結果を残してくれそうですね。

同じ種目男子選手である井川寛之選手の記事はこちらになります。

石原奈央子の出身高校や大学は?

学歴

高校:純心女子学園高等学校
大学:昭和女子大、國學院大学、アングリア・ラスキン大学(英国)

高校は純心女子学園高を卒業し大学の昭和女子大文学部に入学。

昭和女子大文学部卒業後は國學院大学に入学し神職の資格を取得。

國學院大学を卒業後はイギリスのアングリア・ラスキン大学で5年間語学の留学をしました。

その後実家の神社で神職を務めながら競技を本格的にスタートすることになります。

石原奈央子の結婚は?

石原奈央子さんの結婚や旦那さんについての情報はありませんでした。

インタビューでも答えていないので特に公表はしていないようです。

もしお子さんが生まれたらやはりクレー射撃選手になる可能性が高そうですね。

東京オリンピック出場でもしかしたら終わった後のインタビューなどで話しをされることがあるかもしれません。

石原奈央子の父親は選手?

父親の敬士さんは古峯神社の第84代宮司でありメキシコ、モスクワオリンピック日本代表にも選ばれた射撃の選手です。

敬士選手は残念ながら日本のボイコットなどで出場することはできず「幻の五輪選手(オリンピアン)」「最もついていない男」とも呼ばれていました。

出場はできませんでしたがオリンピック日本代表になるほどの実力を持ったクレー射撃選手です。

石原奈央子選手は3姉妹の次女で姉と妹がいますが二人がクレー射撃をやっているという情報はなかったので選手というわけではなさそうです。

さいごに

今回は石原奈央子選手についてご紹介させていただきました。

父親がオリンピック代表の選手だったことや複数の大学で知識を得たりと経歴がすごいですね。

オリンピックでメダルが獲得できるように応援しましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。