セルティック移籍説など何かと話題の板倉滉選手。

東京オリンピック2020日本代表のメンバーに選出がされましたね。

板倉滉選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 板倉滉の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 板倉滉の出身高校や大学は?
  • 板倉滉の彼女は?
  • 板倉滉の年俸は?
  • 板倉滉の妹は選手?
  • 板倉滉のいたっちグッズの再販も決定!

について調べていきたいと思います。

板倉滉の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:板倉滉(いたくらこう)
  • 愛称:いたっち
  • ツイッター:@kougogo1270
  • インスタ:kouitakura
  • 誕生日:1月27日
  • 年齢:24
  • 出身:神奈川県横浜市青葉区
  • 身長:187cm
  • 体重:75kg
  • ポジション:DF、MF
  • 血液型:A型
  • 所 属チーム:フローニンゲン
  • 利き足:右足

板倉滉選手がどのような経歴の持ち主なのか調べていきたいと思います。

小学1年生からサッカーを始め「高木FC」→「さぎぬまSC」→「あさみ野FC」と渡り、小学4年生ではU-12チームの1期生として加入。

2015年にはトップチームに昇格。

川崎フロンターレで活躍を続け川崎が手塩にかけた至宝とも言われていますが、2018年に期限付きでベガルタ仙台に移籍することに。

2018年12月にはTAG Heuer YOUNG GUNS AWARDを受賞。

TAG Heuer YOUNG GUNS AWARDはJ1、J2、J3のクラブに登録されている23歳以下の選手から選ばれ、将来世界でプレッシャーに負けずサッカー界を盛り上げていくであろう選手を選出した賞です。

2019年1月にはマンチェスター・シティへの完全移籍が決まりましたが労働ビザがおりず、オランダのフローニンゲンに期限付きの移籍となりました。

2020年7月23日に期限の延長が発表され活動を続けています。

板倉滉の出身高校や大学は?

学歴

小学校:横浜市立荏子田小学校
中学校:横浜市立すすき野中学校
高校:神奈川県立川崎北高等学校

板倉選手の経歴をみると大学には言っておらず早い段階でプロの厳しい道に集中しているようですね。小学校から川崎フロンターレU-12中学校ではU-15高校ではU-18と順調に昇格をしている板倉選手ですが、同期の三好康児選手とは高卒ルーキーとして試合告知のアナウンスをするほどの仲良し。

動画を見ると板倉選手が緊張しながら三好選手に質問をしていて、告知の終わりには緊張から開放されたからなのか二人共笑顔で二人の仲のいい雰囲気がわかりますね。

板倉滉の彼女は?

板倉滉選手に彼女や結婚という情報はありませんでした。

snsなどでも特に彼女や結婚というツイートもされていないので今はサッカーに集中されているようです。

調べてみると板倉選手の好きなタイプは気を使わないでよく居心地の良さが感じられる大人な女性のようです。

板倉滉の年俸は?

板倉滉さん選手の年俸推移はこちら

  • 2015年 川崎フロンターレ:480万
  • 2016年 川崎フロンターレ:480万
  • 2017年 川崎フロンターレ:500万
  • 2018年 ベガルタ仙台:800万
  • 2019年 フローニンゲン:2000~8000万?

2015年、2016年と年俸が480万でしたが2017年には上がり500万。

ベガルタ仙台に移籍後は800万まで上がっています。

そしてフローニンゲンへの移籍金は100万ポンド(日本円:1億4000万)となっています。

フローニンゲンの年俸については調べてみると様々意見があり低いものでは2000万ほどから高いものでは8000万と予想がされていました。

板倉滉の妹は選手?

板倉滉選手の家族は父親、母親、妹の4人家族。

妹がいるという情報がありましたがsnsなどでも情報は出ていないので競技の選手ではなく一般の方のようです。

板倉選手自身も特にツイートなどで話はされていないようなので今後も情報は出にくいかもしれませんね。

板倉滉のいたっちグッズの再販も決定!

2021年7月3日の「明治安田生命J1リーグ 第21節ベガルタ仙台 vs 浦和レッズ」では人気のいたっちグッズが再販されることになりました。

板倉滉選手がプロデュースしたイタッチグッズがまた買えるのはファンには嬉しいですね。

数量限定お1人様2個まででスタジアムグッズ売店の販売になるのでミニタオルとキーホルダーが欲しい方は早めに購入しましょう。

さいごに

今回は板倉滉選手についてご紹介させていただきました。

サッカーの実力だけではなくグッズのプロデュースなどやることの幅が広いですね。

今後も色々なことにチャレンジしていくのではないでしょうか。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。