黛灰の前世(中の人)はやみえん?イラストレーターや白内障も調査!

2019年7月28日に初配信をした黛灰さん。

普通の配信だけではなくQuizKnock協力のクイズ大会やにじさんじ主催のDBD大会のルール作成などを協力したりと企画開催にも力を入れているVtuber。

主にゲーム配信をされていますがポケモンやマイクラなどよくあるゲームから世界に3000本しかない三大奇ゲームなど他のライバーがやらないゲームなどもプレイしています。

今回はそんな黛灰さんについてご紹介していきたいと思います。

加賀美ハヤトさんの前世にも触れているのでお気をつけください。

黛灰の前世(中の人)はやみえん?

黛灰さんの前世はゲーム実況者のやみえん説が出ています。

身長が175cmがあり高身長のイケメンですね!

やみえんさんはオーストラリアと日本のハーフでゲーム配信だけではなく、役者、声優、イベントMC、ナレーター、イベント企画・構成など様々な活動をされています。

根拠のひとつに加賀美ハヤトさんの前世と言われているタラチオさんなどにじさんじライバーとの関わりがあります。

またにじさんじライバーである出雲霞さんのツイートもされています。

出雲霞さんは2020年10月31日に残念ながら引退。

にじさんじでは黛灰さん、夕陽リリさん、出雲霞さんの3人のユニットSF組としてよくコラボをし、2人でのコラボもし仲が良かったのでこちらも関わりが多いことから前世の可能性が高まりますね。

もうひとつの根拠は声が似ていることです。

聞いてみると声や喋り方が似ていますがやみえんさんのほうが少し明るい印象があります。

ゲームの配信はAPEXやDBDなど黛灰さんと配信内容が同じ物が多いというのがあり、

他にも黛灰さんは声劇や大会の企画などもされているので前世でのイベント企画や声優としてのお仕事の経験を生かしているのではないかというのも前世の可能性が高い要因ですね。

黛灰のイラストレーターは?

PIXIV

黛灰さんのママ(絵師)はイラストレーターのいちじくさん。

主にオリジナルのイラストを作成されていますが服のデザインもされているので今後の新衣装が楽しみですね。

黛灰さんの同期であるアルス・アルマルさんと相羽ういはさんのユニットブルーズのイラストもTwitterにあげたりしてくれているので、他のにじさんじライバーのイラストもあげてくれるかもしれません。

黛灰さんの20万人記念枠ではゲストで出演し声を聞くことができますが、配信者でもやっていけそうないい声でした。Vtuberのイラストレーターが配信をすることもよくあるのでいつか配信をされることがあるかもしれませんね。

黛灰の炎上はある?

2020年11月13日時点で黛灰さんの炎上はなかったのですが、コラボで参加した企画で緑仙さんが炎上し企画内容について問題を指摘できなかったことと、上手くオチを用意しエンターテイメントとしてできなかったと反省をすることになリました。

簡単に企画を説明するとぽんぽこ24という配信で同じにじさんじの伏見ガクさんにお題を出しイジる企画だったのですが、いじめに思えるような内容にも見えかわいそうや問題になるなどコメント欄やツイートで炎上。

実はこの配信の数日前に伏見ガクさんは一時期病んでたことを配信で報告していたので、特に伏見ガクさんファンからは心配の声が強くありました。

黛さんは自分の配信などで不適切な発言をした場合はしっかりとツイートで謝罪し自分の意見を詳細に説明するなど真摯な対応をしているので安心はありますが、色々な企画などにも挑戦しているので内容によっては心配なところもありそうですね。

黛灰の白内障は大丈夫?

視力が下がって来たのでメガネを買い換えようと眼鏡屋で視力検査をしたところ白内障と発覚!

運転などをしなければそのままでも問題はなく治療もすぐにできるのでそこまで重い病気ではないのですが、治すには手術が必要…

手術って聞くと心配になりますね。若い人でも特にゲーマーなどゲームを頻繁にやっていたりPC作業が多いとかかりやすい病気です。

配信では暗い空気にならないようにカラフルでポップなスライドでリスナーを笑わせながら現状を報告。エンターテイナーで黛さんらしい配信。

手術は無事完了しゲームなど配信も通常通りされています。

さいごに

今回は黛灰さんについてご紹介させていただきました。

前世は想像以上にイケメンでしたね。にじさんじでもイベント企画などを多くされているので今後も色々な企画が楽しみ。

やみえんさんは黛灰さんデビュー後も活動されているのでファンの人にとっては楽しみがより増えていいですね。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。