射撃選手として活躍している中山由起枝選手。

射撃女子クレー・トラップで東京オリンピック2020日本代表に内定しました。

中山由起枝選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 中山由起枝の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 中山由起枝の出身高校や大学は?
  • 中山由起枝の結婚は?
  • 中山由起枝の家族は選手?

について調べていきたいと思います。

中山由起枝の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:中山由起枝(なかやまゆきえ)
  • 誕生日:3月7日
  • 年齢:42
  • 出身:茨城県結城市
  • 身長:161cm
  • 体重:55kg
  • 血液型:AB型
  • 種目:射撃女子クレー・トラップ
  • 所 属:日立建機

4度のオリンピック出場経験を持ちママアスリートとしても有名な中山由起枝選手。

クレー射撃をはじめたのは高校を卒業後してからでした。

当時ソフトボールで活躍していた中山選手は大学にいくか実業団で活動するか悩んでいましたが、現在所属している日立建機からクレー射撃でオリンピック目指さないかと誘いをいただくことに。

日立建機ではなにかスポーツを作りたいと考えていた時にアトランタオリンピックではクレー射撃で競技歴3年の日本人選手が6位入賞したため、クレー射撃部が創部されることに。

その後2000年のシドニーオリンピックに出場し初のオリンピックは予選13位。

2001年では結婚をし一度競技を離れましたが2003年に復帰。

子育てをしながら競技者としても活動し2008年北京オリンピックでは惜しくも4位。

2012年ロンドンオリンピックでは予選15位。

そして4度目のオリンピックとなる2016年のリオオリンピックでは予選20位となりました。

残念ながら4度のオリンピックではメダル獲得することはできませんでしたが、子供がいるからこそ今まで頑張ってこれたと話をされていた中山由起枝選手。

2019年アジア大会で3位となり5度目となる東京オリンピックの出場が決まりました。

中山由起枝の出身高校や大学は?

学歴

中学:市立結城中学
高校:埼玉栄高等学校
大学:順天堂大学

高校は埼玉栄高等学校に進学しソフトボール部に所属。

高校3年生のときには夏のインターハイで準優勝をしMVPを受賞するほど実力が高い。

大学は順天堂大学の大学院に入りましたが、高校を卒業してからではなく大人になり娘さんが高校に入学してから大学に進学。

競技だけでなく指導者としての道を選択できるように大学院で勉強をすることに。

当時は競技、子育て、大学院生と多忙な生活を送っていたようです。

中山由起枝の結婚は?

中山由起枝選手は2001年に結婚し女の子を出産。

旦那さんについては情報がなく一般の方のようです。

その後離婚しシングルマザーとなりママアスリートとして競技を続けることに。

競技を続ける理由は自分を変えたいという気持ちが強かったから。そして喜びや感動をお子さんと二人で味わえる瞬間が何よりもたまらないそうです。

その後2020年3月7日に大山重隆選手と結婚。

大山重隆選手も東京オリンピックに出場となり二人でメダル獲得を目指すこととなりました。

旦那さんである大山重隆選手の記事はこちらになります。

中山由起枝の家族は選手?

中山由起枝選手は所属している日立建機からクレー射撃をしないかと誘われているので、両親が選手ということではなさそうです。

ただ長い間競技を続けることができたのは両親の存在が大きく遠征や大会などで子供の面倒がみれないときは両親が洗濯や食事のサポートをしてくれていたとお話をされていました。

射撃の知識は関係なく色々な方に支えられてオリンピック出場まで頑張れたようですね。

さいごに

今回は中山由起枝選手についてご紹介させていただきました。

ママアスリートとして長い間競技を続け経験も精神面の強さも高いと思うので大会もいい結果を残してくれるのではないでしょうか。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。