スポーツクライミング選手として活躍している楢崎智亜選手が東京オリンピック2020日本代表に内定しました。

アクロバティックな動きが特徴でニンジャの異名を持つ楢崎智亜選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 楢崎智亜の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 楢崎智亜の出身高校や大学は?
  • 楢崎智亜の彼女や結婚は?
  • 楢崎智亜の弟も選手?
  • 楢崎智亜のトレーニングは?スピードがすごい!
  • 楢崎智亜のインスタの肩甲骨や筋肉がすごい

について調べていきたいと思います。

楢崎智亜の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:楢崎智亜(ならさきともあ)
  • youtube:Tomoa / Akiyo / Ikedai
  • インスタ:tomoa_narasaki
  • 誕生日:6月22日
  • 年齢:25
  • 出身:栃木県宇都宮市
  • 身長:170cm
  • 体重:60kg
  • 種目:スポーツクライミング男子複合
  • 所 属:TEAM au

顔がかっこよく筋肉がすごいと人気のクライマー楢崎智亜選手。

見た目だけではなく実力もあり重力を感じないスピードのある動きから海外ではニンジャとも呼ばれています。

クライマー競技以外にもyoutubeでは同じ選手の野口啓代さん池田雄大さんとクライミングのレクチャーやチャレンジ動画も投稿しyoutuber活動もされています。

そんな楢崎智亜選手の経歴はどのようなものなのでしょうか?

幼稚園から小学4年生までは器械体操を習い小学校ではサッカーやバスケをしていましたがクライミングを始めたのは10歳の時に兄が通う近所のクライミングジムについていったことがきっかけ。

2015年からプロクライマーとして本格的に活動を開始しましたが当時はまだ結果が出せず。

2016年ではボルダリングW杯第3戦重慶大会で初優勝し世界選手権では日本人初の優勝となり一気に話題となりました。

早くも大きな大会で優勝したことでモチベーションが下がったのか2017年では優勝にならなかった大会もあったがダイナミックな独自の登りから「トモア・スタイル」や「ニンジャ」と呼ばれ海外の反応も大きく人気に。

2018年からオリンピックのフォーマットでもあるリード、ボルダリング、スピードの3種目で争われるコンバインドが本格的に導入されました。

スピードの練習ではスタート直後のホールドを使わずに直線的に登るトモアスキップという独自のスタイルで海外選手も真似をするほどの技を編み出すことに。

その後世界選手権でボルダリングとコンバインド(複合)の2種目で金メダルを獲得し日本代表が内定となりました。

楢崎智亜の出身高校や大学は?

学歴

中学校:作新学院中等部
高校:宇都宮北高等学校

高校は宇都宮北高等学校に進学。

高校を卒業後に本格的にプロクライマーを目指しましたが当時すぐにプロになる人はほどんどいなく大学に進学する選手が多くいたので楢崎智亜選手も迷っていたそうです。

きっかけとなったのは高校3年生の時、ワールドカップに初出場し将来的に勝てると感じプロの道を決意。

楢崎智亜選選手の父親は医者だったためプロになって2年以内に成績が伸びなかったら大学受験をし自分の後を継いでほしいと言われてもいてプレッシャーが強かったようです。

結果は2年後に世界選手権で優勝とプロクライマーの道を行くことになりましたが大学の医学部に行く道もあったかもしれませんね。

楢崎智亜の彼女や結婚は?

同じくオリンピックに出場する野口啓代(のぐちあきよ)選手と恋人ではないかと噂がありました。

結果を先に言うとあくまで噂になります。

なぜ噂になったかを調べてみると所属が同じ「TEAM au」であること、2人でメディアに出演することや仲がいいところも多く見られたので美男美女カップルがお似合いということが広まった可能性が高いようです。

仲がいい男女が一緒だとカップリングが噂されることは多くあるので事実はわかりませんが現状は噂止まりでした。

楢崎智亜の弟も選手?

弟は3歳年下で同じTEAM au所属クライマーの楢崎明智(ならさきめいち)選手。

二人はよく似ていますが特徴的なのは身長が185cmと智亜選手よりもかなり高い。

一緒にトレーニングをしたり3時間ゲームやクライミングの電話をするほど仲がいい兄弟ですが、大会ではコンバインドジャパンカップ(CJC)で智亜選手が1位となり明智選手が2位と決勝で競い合うこともありました。

二人共お互いに負けないようにどんどん実力が上がっていきそうですね。

楢崎智亜のトレーニングは?スピードがすごい!

楢崎智亜さんのyoutubチャンネルではラダー勝負する面白い企画もありました。

ラダーはスピードクライミングで用いられるトレーニングで簡単に言うとハシゴを早く登る訓練のようで勝負は先に5秒台が出なくなったほうが負けのルール。

動画ではウォーミングアップからもう凄さが伝わってきますがラダーを登るスピードが二人共早い。

クライミングがわからなくてもスピードの速さと二人のスゴさが伝わってくるのでぜひ動画を観てみましょう。

楢崎智亜のインスタの肩甲骨や筋肉がすごい

インスタには楢崎智亜選手のかっこいい画像や動画が多くありますがとにかく筋肉がすごい。

楢崎智亜選手の体脂肪率はわずか2%のようです。

インスタにはクライミングをしている動画もあるので特に肩甲骨を見てみると漫画のような鍛えられた形をしています。

たくさん投稿されているので気になった方は楢崎智亜選手のインスタを見ましょう。

さいごに

今回は楢崎智亜選手についてご紹介させていただきました。

数々の大会で優勝経験もあるので金メダルを獲得する可能性がかなり高く期待できますね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。