セーリング選手として活躍している岡田奎樹選手。

風を読む天才とも呼ばれている岡田選手が東京オリンピック2020への出場が決まりました。

岡田選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 岡田奎樹の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 岡田奎樹の出身高校や大学は?
  • 岡田奎樹の彼女は?
  • 岡田奎樹の父はセーリングコーチ?

について調べていきたいと思います。

岡田奎樹の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:岡田奎樹(おかだけいじゅ)
  • 誕生日:12月2日
  • 年齢:25
  • 出身:福岡県北九州市
  • 身長:170cm
  • 体重:64kg
  • 血液型:O型
  • 種目:セーリング男子470級
  • 所 属:トヨタ自動車東日本

左側がトヨタ自動車東日本ヨット部の監督である関一人さん。優しそうな顔が特徴で二人のいい関係性が雰囲気からわかります。

写真の右側がトヨタ自動車東日本所属の岡田奎樹選手で日に焼けた姿がイケメンでかっこいいですね。読み方が奎樹(けいじゅ)と難しい名前でした。

それではどのような経歴の持ち主なのか調べていきたいと思います。

岡田選手は父親の影響で5歳からヨットに乗り、ヨットの楽しさを知ったことからB&G別府海洋クラブに所属しセーリングの競技を始めました。

小学生3年生の時には全日本OP級選手権大会に優勝と早くも大会でも実績を残すことに。

高校は地元の福岡を離れセーリング競技を学ぶため重由美子選手がコーチを努めていた唐津西高校に進学。

本格的にオリンピックや世界を目指すことになりました。

2014年に早稲田大学に進学し主将を務めチームを引っ張っていた岡田選手は2016年7月に開催された470級世界ジュニア選手権では日本大学の木村直也選手とペアを組み、岡田選手はスキッパーとして活躍し日本人初の優勝。

大学を卒業後はトヨタ自動車東日本に入社。

外薗選手とペアを組み2018年ではセーリングのワールドカップ江の島大会で優勝。

ワールドカップ・マイアミ大会男子470級では銀メダルを獲得と多くの実績を残し東京オリンピック2020の出場も決定。

船長と言う意味のスキッパーの岡田選手と体を使って船のスピードを出すクルーである外薗選手とのペアはオカホカペアと呼ばれ話題になりました。

相方の外薗選手のプロフィールはこちら

岡田奎樹の出身高校や大学は?

学歴

中学:大分市立碩田学園
高校:唐津西高等学校
大学:早稲田大学

唐津西高等学校は1996年のアトランタオリンピック女子470級銀メダリストの重由美子選手がコーチを務めていた学校。部員のほとんどは高校から競技を始めていますが、東高・工業とも一緒に活動しお互い刺激し合うことで、高校から始めたにも関わらず全国大会にも出場できる実力を身に着ける部員が多くいるようです。

有名な方では2012年ロンドンオリンピックセーリング男子470級日本代表の吉田雄悟選手も同じ高校の卒業生です。

大学では早稲田大学スポーツ科学部に進学しヨット部に所属して活動されています。

岡田奎樹の彼女は?

イケメンの岡田奎樹選手は結婚や彼女はいるのでしょうか?

実は岡田選手には高校からお付き合いしている彼女がいます。

周りからは榮倉菜々さんによく間違えられるほど榮倉菜々さん似のようですが、本人からすると似ていないと話されています。

東京都オリンピック2020出場が決まり応援に行くと思うので一緒に映った映像が番組で紹介されたりすることもあるのではないでしょうか。

結婚の情報はみられなかったのでまだ報告はされていないようです。

岡田奎樹の父親はセーリングコーチ?

小学生から大分大学のヨット部だった父親(岡田正和)さんの影響で岡田選手もヨットを始め今では「風を読む天才」「風を操る天才」と呼ばれるほど。

岡田選手の父親はB&G福岡ジュニアヨット海洋クラブ所属で「ヨットが大好きな子供たちを応援する日本OP協会」では理事を務められています。

子供にヨットを教えるヨット教室やナショナルチームの選考と幅広くセーリングを広めるために活動されています。

さいごに

今回は岡田奎樹についてご紹介させていただきました。

風を読み、操る天才と呼ばれるほど舵取りの上手さは子供の頃から風を受けて育ったからのようですね。今後の活躍も期待が高まります。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。