椎名唯華の前世(中の人)はこみみ?イラストレーターや大福の由来も調査!

2018年8月1日に初配信をした椎名唯華さん。

笹木咲さんとの待ち合わせでは遅刻になったので来ることを諦めたり、湊あくあさん、猫又おかゆさん、笹木咲さんとの待ち合わせでも当日ドタキャンしたりとクズエピソードが有名なVtuber。

被害者のライバーからはクズやゴミと言われますが、それでも被害を受けたライバーとは仲がよく定期的に遊びやコラボをしているのはすごいですね。

今回はそんな椎名唯華さんについてご紹介していきたいと思います。

椎名唯華の前世(中の人)はこみみ?

椎名唯華さんの前世(中の人)はこみみ説があります。

こみみさんはyoutubeやニコニコなどで主にゲームの実況をしていた方です。

笹木咲さんの前世と言われているぱすとさんとも仲がよくラジオや配信にコンビで出演もしていました。

こみみさんの配信の声を聞いてみると喋り方が関西弁なところや声も椎名さんそっくりですね。

椎名さんは初配信で好きなゲームに「shadowverse」「スプラトゥーン」「ポケモンGO」と答えていてこみみさんもよくshadowverseの配信をしているので好きなゲームが同じ共通点があります。

アーカイブを観ると椎名さんは全然シャドバの配信をしていないのでもう辞めているのかもしれませんね。

youtubeやTwitterのアカウントはないようですが、ツイキャスにはラジオのアーカイブが残っていて聞くことができます。

椎名唯華のイラストレーターは?

PIXIV:神岡ちろる

椎名唯華のママ(絵師)はイラストレーターの神岡ちろるさん。

「AGI -アギ- バーチャル少女は恋したい」「芽亜さん、こっち向いてよ」のラノベや温泉娘の奥津かがみや株式会社TRINITY真白雪花など会社のキャラクターデザインも担当。

Vtuberではホロライブの猫又おかゆさんも担当していて、椎名唯華さんと猫又おかゆさんはママが同じことから神岡家というコラボ配信もされています。

椎名唯華の大福の由来は?

顔が丸く白いことや髪と目が赤いことからいちご大福とも呼ばれていて見た目が大福や饅頭に似ていることが由来のようです。

椎名さんは三下ムーヴをすることも有名で挨拶では「一に睡眠二に睡眠、三下なんて呼ばないで」という言葉があるほど。三下と合わせて三下いちご大福と呼ばれたことにキレたツイートをしたことでもさらに大福呼びが加速していきました。

椎名唯華は案件で炎上?

遅刻やクズエピソードなど色々とコメントが荒れたりすることが多い椎名さんですが案件による配信では本人の問題で最後に謝罪をすることになりました。

2019年3月22日、4月2日配信のロードモバイルの案件で椎名さんとリスナーとのギルドと本間ひまわりさんとリスナーとのギルドで対戦する案件配信。

下位のプレイヤーを名指しして頑張ろうねと応援をしていましたが、出来が悪い子には名指ししないとわからないからと発言したり自分より下のランクは自己都合で辞めようと発言が強くなりブラック企業と言われ始めました。

本間ひまわりさんの方では自分もバイトをクビになったことがある経験からうちにおいでと発言しこちらは逆にホワイト企業化しリスナーが流れていきます。

他にも本人はあまりログインをしていなくサボってたりしたのでリスナーの不満がどんどん溜まっていったようです。

今回の案件ではお互いのリスナーが資源を取っていったので元々ロードモバイルをやっていたその領地の国王が怒り第三者の勢力になり戦争どころではなくなりました。

当日の配信では何をやるんだっけと本間ひまわりさんに聞くほど何もしていなかったので案件配信で何も知らずにやっているのでより荒れていき最後に謝罪をし運営や本間ひまわりさんに後で謝罪をすると反省していました。

配信は正直面白かったのですが案件配信で本間さんに聞きながら戦争しているのはやる気が無いように思えて結構まずいですよね。椎名さんは全然ログインしないのでゴリスナー側が相手チームの本間さんに相談するほどだったようです。

さいごに

今回は椎名唯華さんについてご紹介させていただきました。

炎上を調査していく中で色々とありましたが、運営の問題のようなものだったり情報が曖昧で炎上と言うほどでもなさそうだったので本人が謝罪をしている案件についてご紹介させていただきました。

案件も炎上と言うほどではないようでしたがブラック企業VSホワイト企業という流れが面白かったので本配信や切り抜きを観ると面白いと思います。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。