獅白ぼたんの前世(中の人)は誰?ぱおんって何?apexがマスターランク!?

2020年8月14日に初配信をした獅白ぼたんさん。

身長166cmと高身長で肉食なホワイトライオン。同じホロライブで先輩の角巻わためさんが食べられるのではないかと恐れていましたね。。。

APEXでマスターランクにいったことがあるとゲームがつよつよのようです。

今回はそんなししろんこと獅子ぼたんさんについてご紹介していきたいと思います。

獅白ぼたんの前世(中の人)は誰?

獅白ぼたんさんの前世は複数の説があるようです。

  • えれ子
  • 音俣るか
  • 高城魔紀奈

声が似ているというのはありますが、ホロライブの角巻わためさんとイラストレーターのしぐれういさんのように別人でも声がそっくりなライバーさんもいますよね。

説が出ているのがどんな方なのかそれぞれ簡単に見ていきましょう。

えれ子


FPSやMOBA系ゲームなど様々なゲームをしている配信者のえれ子さん。

2020年8月にもyoutubeで動画を投稿しており現在も活動中。

e-sportsやPCゲームの拡大を目標に活動しているので普通にプレイするだけでなく初心者向けにゲームの解説動画も上げてくれています。

ゲームの実力も相当なものでRsk Ninjas Gamingプロゲーミングチームに所属していたこともあるほど。

チームから脱退をしていますがプロゲーマーとして活動していた実力は大きい!

獅白ぼたんさんも同じくFPS系のゲームが得意なので共通点がありますね。

音俣るか


2019年3月~2020年3月までの約1年間活動したVtuberの音俣るかさん。

2020年10月現在ではツイッターのツイートは非公開になり、yutubeのアーカイブもほとんどが削除されているようです。

APEXなど他のVの方とコラボをされているのでFPS系が得意なようです。

休止のときにはずっと待ってるやまた声を聞きたいなどの意見が多く合ったので転生はファンの人にとっては嬉しいことですね!

高城魔紀奈(たかじょうまきな)

アマリリス組のメンバーとして2018年4月~2018年9月末まで活動

魔女姿のFPSが得意なVtuberでしたがyoutubeのチャンネルも閉鎖されています。

会社のサポートが万全ではなかった為アマリリス組とライバーさんの契約は解除されてしまいました。

会社都合での引退はVtuber業界ではよくあることですが残念ですね。

獅白ぼたんの年齢は?

獅白ぼたんさんがえれ子さんだった場合ですが、えれ子さんは2009年8月からツイッターの利用を開始。

40まではいっていないけど長くゲーム配信もされているので30代ではあるかも。

正直言うとVtuberではあまり年齢は関係ないことが多いですね。

100歳超えや小さいライバーなど年齢は自由自在なので。

ただえれ子さんの夢はおばあちゃんゲーマになること。

ホロライブは皆仲がよいので長い間配信を見ることができそうですね!

獅白ぼたんのイラストレータは?

獅白ぼたんさんのイラストレーターは「友達の妹が俺にだけウザい」「スパイ教室」などのキャラクター原案を担当しているトマリ先生!

同期の桃鈴ねね、雪花ラミィ、尾丸ポルカなどのイラストをSNSにアップしてくれたりしているので、ホロライブの別のメンバーのイラストも楽しみですね。

トマリ先生もVtuberとして配信をしています。

お絵かき配信だけでなくfallguysなどのゲームもしているのでこれから色々なゲームの配信が見れるかもしれません。

もしかしたら歌の配信もあるかもしれませんね!

ぱおんって何?

初ツイートがライオンなのにぱおん

「テスト」と打とうとしたのを緊張して間違えてしまってぱおんになり、反響があったので間違えたと言えなくなってしまったようです。

apexがマスターランク!?

初配信ではAPEXでマスターランクにいったことがあると発言したことで話題になっていました。

マスターに言ったVtuberは多くはないのでこれはすごいですね。

ただ本人が別の雑談で言っていましたがソロではまだいったことがないらしいです。今ソロでマスター行くのは難しいとのことなのでダイヤぐらいの実力なのかも。

APEXが上手いのは間違いなさそうなのでホロライブのメンバーフルパでいつかマスターにいってほしいですね。

獅白ぼたんに炎上はある?

マインクラフトのコラボ配信で職業に対してマイナスな発言をしてしまって炎上になりました。

10/2の配信から翌日の10/3日にはツイッターで謝罪をされていたので、早い段階でしっかりと反省を表明してくれたのは良かったですね。

自分では気づかずに相手を傷つけてしまうこともあるかもしれませんが、配信者は多くの人が見ているので今回の件でマイナスな発言は普段から意識して言わないように心掛けてもらえるといいですね。

さいごに

今回は獅白ぼたんさんについて紹介させていただきましたが、まだデビューしたばかりなのでAPEXなどの配信も見れていません。

ホロライブの他のメンバーとのAPEXコラボなどもいつか見たいですね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。