空手家として活躍している染谷真有美選手。

空手女子組手61キロ級で東京オリンピック2020日本代表に内定しました。

染谷真有美選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 染谷真有美の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 染谷真有美の流派は?
  • 染谷真有美の出身高校や大学は?
  • 染谷真有美の彼氏や結婚は?
  • 染谷真有美の兄と姉は選手?

について調べていきたいと思います。

染谷真有美の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

この投稿をInstagramで見る

染谷真有美(@mayumi_530)がシェアした投稿

  • 名前:染谷真有美(そめやまゆみ)
  • インスタ:mayumi_530
  • 誕生日:5月30日
  • 年齢:28
  • 出身:茨城県古河市
  • 身長:162cm
  • 体重:60kg
  • 種目:空手女子組手61キロ級
  • 所 属:テアトルアカデミー

東京五輪が1年延期したことで選考が見直しになりましたが、再度行われた選考会で基準を満たし出場権を獲得した染谷真有美選手。

どのような経歴の持ち主なのか調べていきたいと思います。

5歳の時兄と姉の影響で道場へ通い空手をはじめることに。

小学生から高校2年生まではトップの成績はなく遅咲きの染谷真有美選手。

高校3年生でナショナルチームに合格し関東大会では準優勝となりました。

大学では帝京大学に入学後3年生の時に国際大会で初優勝。

世界選手権では3位となり初のメダルを獲得。

大学4年生では全日本学生大会で優勝しプレミアリーグ2連覇と大会での優勝が多くなってきました。

大学を卒業後は茨城県競技力向上対策本部に所属後テアトルアカデミーに所属。

2020年東京オリンピック選考会が中止になり日本代表が決まったが再選考となりました。

森口彩美選手と日本代表を争うことになりましたが、動揺せずに後輩の森口選手にはお互い頑張ろうとエールを送ったようです。東京オリンピック出場が懸かっているのに頑張ろうと言えるのは器が大きいですね。

その後2021年改めて日本代表としてオリンピックの出場が決まりました。

染谷真有美の流派は?

染谷真有美選手の流派については公表がされていないようです。

染谷選手の通う帝京大学では指導者が松涛館流(しょうとうかんりゅう)の流派なので松涛館流の可能性が高いです。

松涛館流は空手道の四大流派(剛柔流、糸東流、和道流、松涛館流)の一つ。

松涛館流は形稽古を重視しており始めやすい流派と言われているので体育的な要素もあり学ぶものが最も多い流派。

大きく床を踏み鳴らすほどの迫力とダイナミックな動きが特徴です。

染谷真有美の出身高校や大学は?

学歴

小学校:古川第三小学校
中学校:古河第三中学校
高校:花咲徳栄高校
大学:帝京大学

高校は花咲徳栄高校。

高校2年の時にキャプテンとなり、高校3年ではインターハイの団体組手で優勝。

全日本選手権団体組手では姉の香予さんと一緒に優勝をしています。

大学は帝京大学に進学。

大学では姉の香予さんも同じ空手部で姉妹対決をすることもありました。

全日本大学団体で優勝し個人では国際大会初優勝や初のメダルを獲得など大学から多くの大会で実績を残すようになり遅咲きの選手と呼ばれるようになりました。

染谷真有美の彼氏や結婚は?

染谷真有美選手に彼氏や結婚という情報はありませんでした。

snsではインスタもやっていましたが姉妹で投稿しているものが多く彼氏のような人はいないようです。

今は東京オリンピックに向けて競技の練習に集中しているようですね。

落ち着いたら彼氏や結婚の報告がされるかもしれません。

染谷真有美の兄と姉は選手?

この投稿をInstagramで見る

 

染谷真有美(@mayumi_530)がシェアした投稿

兄と姉の影響で空手を始めた染谷真有美選手。

4つ年上である兄の染谷隆嘉さんは全日本学生選手権で優勝もしており地元の国体では兄妹で優勝もされ選手宣誓も行いました。

2つ年上である姉の香予さんも空手家で練習も買い物も同じという程仲がよく、二人でオリンピックを目指しているのでインタビューも姉妹でのものが多くありました。

一度も喧嘩したことがなく辞めたいと思ったときも姉と兄がいるから頑張れたそうです。

今回姉の香予さんはオリンピック出場とはなりませんでしたが、練習相手やサポートなど真有美さんがオリンピックでいい結果を出せるよう3兄妹で努力していくのではないでしょうか。

さいごに

今回は染谷真有美選手についてご紹介させていただきました。

3兄弟とも空手の実力が高く支えあっているのでオリンピックではいい結果がみれそうですね。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。