セーリング選手として活躍している高橋稜(レオ)選手。

高橋選手は東京オリンピック2020の49er級日本代表に内定しました。

高橋稜(レオ)選手の経歴やプロフィールなど実力がどれぐらいすごいのか気になるところですよね。

今回この記事では

  • 高橋稜(レオ)の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!
  • 高橋稜(レオ)の出身高校や大学は?
  • 高橋稜(レオ)の彼女や結婚は?
  • 高橋稜(レオ)の父親は選手?
  • 高橋稜(レオ)のインスタがかっこいい?

について調べていきたいと思います。

高橋稜(レオ)の経歴や年齢身長wikiプロフィール紹介!

  • 名前:高橋稜 レナード
  • 読み方:タカハシリョウ
  • 愛称:ビースト、Len
  • インスタ:adventuresoflen
  • 誕生日:12月18日
  • 年齢:22
  • 出身:静岡県沼津市
  • 身長:192cm
  • 体重:86kg
  • 血液型:A型
  • 種目:49er級
  • 所属:オークランド大学

父がニュージーランド人で母が日本人のハーフである高橋稜レナード選手。

見て分かる通り高橋選手は身長が高いですね。

相方の小泉選手の身長は168cmですが高橋選手の身長は192cmとその差20cm以上もありました。

ペア内では舵を取るスキッパーを担当とフィジカルを兼ね備えた強力なスキッパーです。

それではどのような経歴の持ち主なのか調べていきたいと思います。

静岡県に生まれ7歳まで日本で過ごしていましたがニュージーランドに移住しヨットに乗り始めたのは9歳から。

始めはOP級でセーリングを始め成績は世界選手権10位。

その後P class、Starling、29erに転向していく。

相方の小泉選手とはジュニアのときから大会で会い話す中だったそうで、高橋選手が体格が大きくなり始め29erは難しくなりました。その時に49erを目指そうと小泉選手と話し小泉選手もニュージーランドに移住。

小泉選手は始めは49erではなく色々な種類の大会に出場し練習を積んでいたそうです。

2015年には17歳で日本セーリング連盟のナショナルチーム入りし2017年JSAF江の島オリンピックウィークでは15位。

2018年から小泉選手と本格的に49erでオリンピックを目指しセーリングワールドカップシリーズ江の島では10位。

2020年2月に世界選手権で33位となり日本代表に内定されました。

パートナーの小泉維吹選手の記事はこちらになります。

高橋稜(レオ)の出身高校や大学は?

学歴

中学校:KristinSchool(クリスティンスクール)
高校:KristinSchool(クリスティンスクール)
大学:オークランド大学

中学、高校はアルバニーにある共学の私立学校であるKristinSchool(クリスティンスクール)に入学。

幼稚園から高校まで一貫教育ができ周りにはきれいなビーチや自然の森が多くある学校。

オークランド大学はニュージーランドでトップレベルの大学で日本人も100人以上在籍している大学です。

オークランドはヨットが参観なことから「帆の街」という愛称も持っており沖合にはいくつものヨットやボートが浮かんでいるほど。

高橋選手はヨットをやるにはかなりいい環境で育っているようですね。

高橋稜(レオ)の彼女や結婚は?

高橋稜(レオ)選手に彼氏や結婚という情報はありませんでした。

スポーツができて高身長イケメンなので彼女がいそうな気もしますが、

特に公表はされていないようです。

さらにオリンピックで活躍したら女性ファンが多くなりそうですね。

高橋稜(レオ)の父親は選手?

家族についてですが高橋稜(レオ)選手の父親であるロバート・フライさんはセーリングの選手で18歳の時に国内選手権で優勝。

アドミラルカップなどのヨット外洋レース世界選手権にも数多く出場し、

レース最高峰のアメリカズカップではニッポンチャレンジチームに出場されていました。

競技で活動するベテランのセーリング選手だったようですね。

高橋稜(レオ)のインスタがかっこいい?

高身長でイケメンな高橋稜(レオ)選手はインスタもやっていますが、かっこいい投稿が多数ありました。写真の取り方や加工の仕方が上手いのでいくつか画像を紹介していきます。

セーリングの姿もかっこいいですが日常の姿や別のスポーツをやっている姿もかっこいいですね。

その他にも気になった方はインスタを見ましょう。

さいごに

今回は高橋稜(レオ)選手についてご紹介させていただきました。

高橋選手は日本で応援してくれている祖母のために頑張るとやる気が上がる理由もあるのでメンタル面も強くありそうです。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。